読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やーこのひとりごと

まずは書いてみようの段階( ;∀;)

任天堂スイッチ 

最近の任天堂のハードには全くふれていなかったのだけど

 

甥っ子が任天堂スイッチを入手したということで、

 

実家に呼び出される

 

 

 

 

 

コントローラーの形状はとてもとてもいままでのゲーム

 

の形状とは異なっていて、最初はとまどったもののすぐに

 

慣れた

 

 

 

1,2,SWITCHというパーティーゲームだったが、

 

内容としては、ゲームそのものより、ゲームで使っている

 

機能に驚いて、ついに次世代のゲームの世界に突入している

 

のだなと本当に実感。

 

VR元年といわれ、ビジョンの方に躍進しているSONYとは

 

対象的な方向性。遊びを追求する任天堂だからこその試みと思う。

 

ところが、任天堂はたまに時代を先取りすぎることがある。

 

今回は、よそのハードと歩調をいい意味で合わせ、切磋琢磨していけば

 

近い将来、フルダイブとまではいかなくても3Dシアターの中で自分

 

自信がプレーヤーとなって遊べる日が来るのかもしれない。

 

 

ただ、そこまでいってしまうと、どちらかというとスポーツに近い

 

ジャンルで、体が弱く運動神経が苦手でゲームに光を求めていた

 

私なぞから考えると、ちょっといままでのゲームという括りから

 

外れていっているようにも思う。

 

進化していくのはすばらしいことだが、古きよきあの黄金時代の

 

ゲームの世界観が失われていかないよう切に願うものである。